ホーム > 医院案内

医院案内

院情報

医院名:京極歯科
所在地:〒448-0844 愛知県刈谷市広小路3-33
電話番号:0566-21-0211

  日・祝
9:00~12:00 × ×
14:00~19:30 × ×

※14:00~19:00
休診日:木曜・日曜・祝祭日

※初めての方へ
まずは、お電話もしくはオンライン予約(24時間受付)のページから、ご予約をお願いいたします。

アクセス案内

■電車でお越しの場合
名鉄三河線「刈谷市駅」より徒歩1分
☆JR刈谷駅よりお越しの場合は・・・
JR刈谷駅直結の名鉄三河線に乗り換え、「刈谷市駅」下車
詳しくはこちら

■お車でお越しの場合(駐車場12台完備)
JR刈谷駅周辺【北口】よりお越しの場合
詳しくはこちら

JR刈谷駅周辺【南口】よりお越しの場合
詳しくはこちら

院長紹介

京極歯科/院長:久田和明

京極歯科/院長:久田和明
昭和33年3月7日生まれ 血液型A型 うお座

経歴:
刈谷市立亀城小学校卒
愛知教育大学附属岡崎中学校卒
昭和51年 愛知教育大学附属高校卒
昭和57年 愛知学院大学歯学部卒
第71回歯科医師国家試験合格
昭和61年 愛知学院大学大学院歯学研究科終了(歯科理工学専攻)
学位論文、歯学博士学位取得、京極歯科に勤務
平成7年1月1日 京極歯科院長就任
平成23年4月 刈谷市歯科医師会副会長
平成25年4月 刈谷市歯科医師会理事
愛知県歯科医師国保常務理事
愛知学院大学歯学部非常勤講師

院長挨拶

材料は、治療の成果を左右する重要なもの。
材料は、治療の成果を左右する重要なもの。
私は大学院時代、歯科理工学を専攻し、歯科に関わる材料を研究していました。現在、材料のよし悪しや、患者さんに一番合った材料を選ぶ判断ができるのも、歯科理工学を専攻したおかげです。
その知識と長年の歯科医療で培った経験を活かし、見た目や利便性だけにとらわれるのではなく、真の健康を取り戻すための治療、すなわち自分の歯を守り、残すための治療を目指していきたいと考えています。
院長 久田和明

よい入れ歯をつくるために――京極歯科の入れ歯治療について

入れ歯が必要な理由

人間にとって「好きなものが食べられる」ということが与える力は、何にも代えがたいものです。そのほかにも、話が上手にできること、若さを保てること、そして残っている歯を守ること。
人がいつまでも長く、健康であるために、歯は絶対に必要なのです。

患者さまにとって最良の選択を

「痛くなく、何でも食べられて、見た目もきれいで、自然の歯と見分けがつかないくらいの入れ歯がほしい」
そう強く思われる方には、インプラントも選択肢のひとつです。
ただし、インプラントも身体にとっての異物には変わりなく、「外れない」ということにはリスクもあります。ご高齢の方のインプラントはとくに注意が必要です。
先々の健康面、見た目のきれいさと利便性、そしてそれぞれのリスク。
最終的には患者さまが決めることですが、当院では、患者さまにとって最良の選択ができるよう、お手伝いしていきます。

10代からの入れ歯治療

入れ歯はお年寄りの代名詞、といっても過言ではありません。取り外せる、という利点も、若い方にとっては、「外しているところを誰かに見られたら・・・・・・」という不安材料にしかならないかもしれません。
しかし、たとえば1、2本だけの欠損であれば、ブリッジよりも入れ歯のほうがまわりの歯を傷つけることもありませんし、異物感もほとんどありません。
また、今はバネや針金を目立たなくする技法や、クリアな素材を使うことで、見た目の抵抗感もなくすこともできます。
若いからこそ、残った歯を大切にしてほしい。それが当院の願いです。

メンテナンスの本当の意味
メンテナンスの本当の意味

「よい入れ歯」も長年使用し続けることで、さまざまな不具合が生じることがあります。完成したから終わりというわけではなく、快適に使い続けるためには入れ歯の定期的なメンテナンスが必須です。
そして、さらに大切なのは、残った歯のケアです。入れ歯が必要になってしまった原因を追究しケアしていくことが、入れ歯を長持ちさせるために必要なことでもあります。
当院では、入れ歯のメンテナンスと同時に、残った歯の歯周病などの定期検診もしっかり行います。
歯周病・予防歯科サイトへ